Main | October 2004 »

とりあえず、“冷ややっこ”

つまみの定番中の定番といえばこれですね、“冷ややっこ”。
とってもシンプルなんだけど味がある。
日本人はなんでこう豆腐が好きなんでしょうね。

それじゃまぁ、とりあえず“冷ややっこ”をどうぞ。

hiyayakko.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

しぼりたて入荷!

お客さん、いらっしゃい!

今日は、今秋はじめての“しぼりたて”が入荷してまっせ。
どうですか、一杯試してみますか?
お客さんが来る前にちょっと飲んでみたんだが、なかなかいけますね~。

さわやかな秋には、やっぱり冷酒がおすすめです。
つまみは何にしますか?
新物のサンマが手に入ってますが、早速刺身でも作りましょかね。
これがまた酒に合うんですよ。

shiboritate_sake.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビールおかわりー!

おいおい、注文するつまみはまだ決まらないのかい?
今日は私のおごりだから、好きなものをつまんでや。

すんませーん、店員さーん、ビールおかわり頂戴!

izakaya_kanban.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっと寄っていこか

おい、今日は特に予定ないんやろ?
ほなら、ちょっと寄っていこか。
お前に話したいこともあるしな。
・・・・・・・・・・
最近元気ないね。
いったいどうしちまったんだい?
まっ、人生いろいろだからね。

まずはビールを注文してと。
えーと、つまみは何にする?

yakitori_yokocho.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

今日も飲むぞ!

だんだん暑さも和らいできたね~。
それにしても今年の夏は暑かった!
おかげで冷えたビールのうまかったこと(笑)。
まー、なんにしろ、のんべにとっては飲めるだけで幸せ。
というわけで(どういうわけだ)、今日も景気よく飲むぞ!

sake.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「本音」ってやつ

人に必ずあるのが「本音」ってやつ。
んで、見えそうで見えないのが「本音」。

どんなにキレイなことを言ってる人だって、本音は何を考えているかわからない。
日本では昔から「本音と建前」なんてことがいわれるが、相手の本音を見破るのは難しいね。
お客さんは、今、「この人の本音が知りたい」って人は誰かいるかい?
とはいえ、知りたいんだけど知りたくないのも本音ってもんだがな。
相手の本音を知ってガッカリした、相手に幻滅したなんてこと、お客さんにも経験あるだろ?

でもね、本音ってやつは知っておいたほうがいいのさ。
だってさ、何かのきっかけで思わず飛び出すのがこの本音なんだから。
考えてもごらんよ。
例えば、相思相愛の男女が結婚したとする。
はじめのうちこそ、相手に自分を良く見せようとお互い頑張るわけさ。
だけども、結婚したら、その後は相手のアラばかりが目につき、相手の本音にも気付くわけさ。
夫婦によっちゃ、相手に騙されたと思う人もいるかもしれないし、喧嘩が絶えない人もいる。
だからといって、それが原因で別れていちゃ家庭はつくれないものだ。

本音を知って相手を嫌いになることもある。
そういうリスクもあるかもわからないが、さっきもいったけど、人には必ず本音があるんだから、本音をひっくるめて全体で相手を理解しなくちゃいけないのさ。
人生の達人ほど、こういうことがよくわかっているもんだ。

さー、お客さん、本音で話してごらんよ。
おいおい、さっきから笑ってごまかしてばかりじゃないか。
私はこの道何十年のベテランなんだから、そんな上っ面にゃだまされんぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『ヨロン亭』開店のご挨拶

お客さん、いらっしゃいませ!

本日、念願叶って路地裏「ココログ通り」に私のお店が開店しました。
あっ、申し遅れましたが、私は当『ヨロン亭』のマスターのヨロンと申します。

酒場は、やっぱり裏通りのほうが味がありますな。
路地裏の店には、いろんな人の人生模様があります。
ここで人は表に出ない裏の顔を見せます。

この世界に入って10年になりますが、世の中って面白いもんですな。
いろんな人の人生模様を見るたびに、いろんなことを思います。
そんな思いの数々をこれから語っていきたいと思います。

お酒やおつまみは何でもそろってますので、どんどんご注文ください。
カラオケにはどんな歌でも入っていますので、じゃんじゃん歌ってください。
もちろん、私はお客さんのどんな話にもお付き合いいたします。
まー、そんなわけで、『ヨロン亭』をご贔屓にどうぞ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Main | October 2004 »